【AGLA公式チャンネル更新】"深い呼吸"を身につけて心身ともに健康に!『なりたい自分になるための、フェルデンクライス(連載第8回)』

2021.9.27

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

吉田万里子 ( フェルデンクライス・プラクティショナー )

フェルデンクライス・プラクティショナー。女子プロレスラーとして 1988 年から 2017 年まで 29 年間活動。現在は、自身が故障から復活した経験から、「フェルデンクライス メソッド」を通じてより多くの人の心身向上を目標に施術者・指導者として活動している。

こんにちは!吉田万里子です。

連載コラム『なりたい自分になるための、フェルデンクライス』第8回を迎えました。

動画の更新は、5回目となります。

今回は、【呼吸】をテーマにお届けします。

題して『"深い呼吸"を身につけて心身ともに健康に!』

 

呼吸しないで生きていくことは出来ませんよね。

私たちは、24時間呼吸をしています。

ですが、なかなか意識して呼吸をするということはないのではないでしょうか?

 

呼吸は、感情によって変化しています。

例えば、あなたが約束の時間に間に合わないと焦っているとき、または誰かに対して怒っているとき、

呼吸は早くなっていませんか?

反対に、好きな音楽を聞いてリラックスしているとき、大好きなケーキを食べて幸せ~を感じているとき、呼吸はゆっくりになっていたりと変化しています。

緊張やストレスが多い生活をしていると、胸にグッと力が入って、深い呼吸が出来なくなってしまいます。

それは、健康状態にとても大きな影響を与えているのです。

 

カラダが重たい、ヤル気がおきない、という心の問題から、夏なのにカラダが冷える、逆にカラダがほてってしょうがないなど、バランスが崩れて不調の要因にもなります。

この「シーソー呼吸(シーソーのように、交互に上下に動かす呼吸)」を行なって、深い呼吸が出来るようにしていきましょう!

まずは、レッスン後に、あなたが普段している呼吸と、どんなふうに違うか?感じてみてください。

そして、普段から深い呼吸が自然に出来るようになって、カラダや心の元気を取り戻せるようにしていきましょう!!

 

レッスンのポイント

このレッスンは、動画を観て動きをそのまま真似るのではなく、声を聞きながら自分の体に意識を向けることが大切なポイントです。

無理をせず、頑張らないこと!自分の体と対話し、動きは小さくても、楽で心地良いことに重点を置いてください。それが効果へと繋がります。

吉田万里子 のプロフィール

吉田万里子

1988年からプロレスラーとしてリングに立ち続け、怪我だらけの毎日。

首のヘルニア3ヵ所、膝靱帯損傷、股関節痛、骨折、脱臼・・・まだまだ数えきれない負傷箇所。

2013年フェルデンクライスに出会い、自身の怪我の回復に驚愕。

フェルデンクライスを学び始め、さらに人間が持っている可能性の素晴らしさを実感する。

2018年、国際公認「フェルデンクライス」プラクティショナーの資格を取得し、病気や怪我で悩んだり苦しんだり、また慢性的な不調を抱えている方に、「いくらでも改善できる!!」こと、人間が持っている可能性の素晴らしさをお伝えしている。

おすすめ関連記事

2020 10/02

コロナ禍の向こう側に、新たな一歩を求めて 〜『生命(いのち)はぐくむ里山からの便り(連載第三回)』