【米研究】"もう一つのゲートキーパー"の登場?血液で自殺リスクの予測が可能に!?

2022.5.10

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

コロナショックで再び自殺者が増加傾向に

カリフォルニア大学アービン校の研究チームが、Pritzker Research Consortiumと共同で行った研究によると、大うつ病性障害(Major depressive disorder:MDD)、いわゆる「うつ病」患者の、自殺リスクを予測できる血液バイオマーカー(※1)を同定するアプローチを開発したことが医学雑誌『Translational Psychiatry』に掲載されました。

※1:バイオマーカー
ある疾患の有無や、進行状態、治療の有効性や副作用の反応をみる生物学的指標のこと。

分かりやすく言えば、血液と脳のサンプルデータから、その人の将来的な自殺リスクを判定することができ、実際の自殺の実行を未然に防ぐための配慮が可能となるアプローチであるということ。

日本では、第二次平成不況にあたる平成10年に自殺者が前年の24,391人から、一気に32,863人と3万人の大台を突破したのを契機に自殺者数は高止まりを見せ、リーマンショック後の平成23年まで3万人台が続きました。

以降毎年、減少傾向にあった自殺者数はコロナショックと呼ばれる新型コロナウイルスの世界的大流行による影響で、令和2年から再び増加しています。

昨年(令和3年)の自殺者数は21,007人と、前年より74人減っていますが、女性は2年連続の増加となっており、その窮状が危惧されます。

『令和3年中における自殺の状況』厚労省自殺対策推進室・警察庁生活安全局調べ

 

もう一つのゲートキーパー

研究では、うつ病による自殺者、うつ病患者である非自殺者(自然原因)、そして対照群の保存血液と背外側前頭前皮質 (Dorsolateral prefrontal cortex:DLPFC)のサンプルが分析の対象となっています。

背外側前頭前皮質 (DLPFC):記憶、認知、推測、判断などに関係する。

その結果、ポリアミン代謝、概日リズム、免疫調節不全、テロメア維持などのストレス反応における遺伝子発現の変化を発見しました。

※ポリアミン:ウイルスからヒトまであらゆる生体中に含まれる、第一級アミノ基が3つ以上結合した直鎖脂肪族炭化水素の総称。腸内細菌から産生され、健康長寿に関連しているといわれている。

※概日リズム:一般的に「体内時計」といわれるもの。ほとんどの生物に存在する約25時間周期で変動する生理現象のこと。


※テロメア:細胞の染色体末端にある特定の塩基配列の反復とタンパク質からなる複合体のことを指し、DNAを保護する役割を担っている。詳細は過去記事を参照のこと。
つまり、自殺をした人の遺伝子には、ある種の特異的変化が見受けられたということです。
これは、血液を採取し検査するだけで、自殺リスクのある人かどうかを見極められる可能性があることを示します。
自殺で死亡した人の30%は、自殺以前の1ヶ月以内に医療機関を受診していると推定され、精神科病院から退院した後の数日から数週間で、自殺を遂げてしまうというデータもあるようです。
今回の血液バイオマーカーによる、自殺企図のリスク判定は医療提供者にとっても、そして自殺を試みようとする当事者、そしてその家族にとっても、事前に対策が講じられるという点では一つの光明なのではないでしょうか。
自殺者を減らすために、自殺の危険を示すサインにいち早く気づき、必要とされる支援へとつなげる役割を担う「ゲートキーパー」の育成も急務とされています。

こうした人的な防波堤は、人の温かみ、優しさ、他者を慮る気持ちが作用して成り立ちます。その一方で、血液バイオマーカーのような医学的見地による「もう一つのゲートキーパー」があれば、少しでも自殺者を減らすことに役立つのではないでしょうか。

人が誰1人として孤立することのない社会。

人が人を思い合える温かい社会。

「生きていて良かった」と思える社会。

そんな当たり前の社会が訪れることを真に願って止みません。

いえ、訪れるのを待つのではなく、私たち一人一人がそのように努力することが社会を変えるのでしょう。

命を守るゲートキーパーとは?(厚生労働省)

 

参考文献

Identification of potential blood biomarkers associated with suicide in major depressive disorder『Translational Psychiatry』

Researchers reveal possible molecular blood signature for suicide in major depression『Medical Xpress』

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2018 12/13

プロテイン=筋肉は古い・・・女性の美容食にもなる効果的な飲み方とは?