【グルーヴ感で脳機能を強化】グルーヴ・ミュージックが音楽ファンの認知機能を向上させる!

2022.5.30

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

サマーソニック、フジロックフェスティバルなど、夏フェスは私にとっても年に一度の最大の楽しみ。燦々と降り注ぐ夏の陽射しを浴びながら、グルーヴの波に飲まれると日常でまとった垢も洗い流されます。

コロナ禍となって、各地で行われていた夏フェスも中止が相次ぎ、無観客配信や規模の縮小などの対応に切り替わっていましたが、ようやく再開の兆し。

私自身も、今月2019年以来のフェスを堪能しました。

ということで、今回は音楽の話題です。

 

グルーヴとは?

オープンアクセスの学術雑誌『Scientific Reports』に発表された、筑波大学の研究によるとグルーヴ感のある音楽は精神的な高揚感だけでなく、脳機能を強化することが分かりました。

グルーブとは「ノリ」を指し、グルーヴ感とは「思わず体を動かしたくなる音楽」に対して反応し、そのリズムパターンにうまく体の動きを合わせられている状態、またはその感覚であるといえます。

「ノリ」にもジャンルにより、「タテノリ」や「ヨコノリ」があり、リズムにも「タメ」や「ズレ」といったバリエーションがあります。

グルーヴ感のある音楽といえばEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、ロック、ジャズ、ファンク、ソウル、ミクスチャーといったジャンルが挙げられるでしょう。

EDMの中でも最近は、よりグルーヴ感を強調したグルーヴハウスというジャンルが人気を集めています。

人はどういった音楽に最もグルーヴ感を感じるのかという研究では、スティーヴィー・ワンダーの名曲「Superstition(迷信)」が、その筆頭に挙げられています。

皆さんが、日頃好きで聴いている曲の中にも、思わず体を動かしてしまうようなグルーヴ感のある曲があるのではないでしょうか。

 

グルーヴ・ミュージックが脳機能を強化させる!

実験には51人が参加しました。

参加者は、グルーヴリズム(以下GR)または、ホワイトノイズ(※)メトロノームを3分間聴いたあと、機能的近赤外分光法(※)を用いて、左背外側前頭前野(※)の活動をモニタリングしました。

ホワイトノイズ:あらゆる周波数成分を同等に含む雑音

機能的近赤外分光法(functional near-infrared spectroscopy:fNIRS):脳内の血液の酸素状態(ヘモグロビン濃度など)を計測する方法

左背外側前頭前野(l-DLPFC):記憶、認知、推測、判断などに関係する。
「結果は驚くべきものでした」と筑波大学の征矢英昭教授は話します。
GRは、音楽が強いグルーヴ感と頭がはっきりする感覚を引き出したと報告した参加者でのみ、l-DLPFCの実行機能(※)と活動を強化することがわかりました

Turn up the Beat! Groovy Rhythm Improves Cognitive Ability in Music Lovers『Neuroscience news.com』

実行機能(Executive functions):目標を達成するために計画を立て、思考や行動を制御する能力のこと。

ある音楽からグルーヴ感を得るためには、一定の音楽的知識や経験、その音楽への興味、趣味趣向が反映されるので、個人差が生じてしまいます。
この実験では、より強いグルーヴ感を感じ(体を動かしたいという衝動に駆られ)、そのGRによって頭がはっきりとするような爽快感を感じた参加者においてのみ、l-DLPFCの実行機能が強化されたということです。
つまりグルーヴ・ミュージックに対する心理的反応の個人差が、実行機能に対する効果に影響を与えているということを示します。
またグルーヴ・ミュージックを聴くことにより、パーキンソン病の歩行パフォーマンスを改善したり、肯定的な情動反応とともに体の動きと音楽のリズムの同調が誘発され、運動系と報酬系に関連する神経回路網(ニューラルネットワーク)が活性化されるともいわれています。
体を動かしたくなるような音楽を聴いて、皆さんも脳機能を強化しましょう!
まとめ

  • グルーヴ・ミュージックを聴くことにより、脳機能(特に認知機能)が強化される。
  • 効果は、日頃から熱心に音楽を聴いている人の方がより高い。
  • 運動系と報酬系に関連する神経回路網が活性する。
  • パーキンソン病の歩行パフォーマンスの改善にも効果が見られる。
最後に、わたしがお勧めするグルーヴ感満載の曲はこちら!
The Prodigy 「breathe」→ https://youtu.be/6_PAHbqq-o4
METAFIVE 「Don't Move」→ https://youtu.be/7LBUEYGfisQ
Foster the People「Call It What You Want」→ https://youtu.be/1prhCWO_518

 

参考文献

Groove rhythm stimulates prefrontal cortex function in groove enjoyers『Scientific Repots』(

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2018 12/13

《世界三大美女から学ぶ美容健康法》共通する美の秘訣とは・・・?

2018 12/13

“オンナの勘”って、ホントにあるの!? 女性に秘められた不思議な力!