【豪研究】アレルギー反応を引き起こすことで知られる「好酸球」が、腸を守っていることが判明!

2022.6.20

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

オーストラリア・ビクトリア州立モナシュ大学、カナダのカルガリー大学、スイスの研究者らによる共同研究の結果、白血球の細胞のひとつである「好酸球(こうさんきゅう/ eosinophil granulocyte)」が健康な腸の維持に重要な役割を果たしていることが分かりました。

オープンアクセスの医学誌(免疫学)『Immunity』に掲載されています。

 

末梢血(血管の中を流れる血液のこと)中に好酸球が占める割合は、健康な人であれば1〜4%(200/mm3)ほど。

この好酸球が通常の3倍以上増えると「好酸球増多(増加)症」が認められ、軽度では500〜1500/mm3、中等度では1500〜5000/mm3、重度では5000/mm3と定義されています。

体内に侵入した寄生虫や細菌を攻撃してくれる骨髄由来の顆粒球ですが、同時に健康な組織まで傷付けてしまう特性を持ちます。

好酸球増多症の最も顕著な例は、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などで、様々な薬剤アレルギーによっても引き起こされます。

このように好酸球は、重度のアレルギー症状をもつ人々の末梢血中で増加することが分かります。

好酸球は良いイメージよりも、悪いイメージの方が先行しています。研究者らは、かつての研究を紐解き、消化管の白血球では好酸球が10〜30%を占めていることに注目します。

「組織を破壊すると考えられていたこの細胞が、なぜ腸内に留まっているのかを解明しようとしたのです」

Nicola L. Harris博士(モナシュ大学)

'Bad guy' blood cells vital to gut health found『Medical Xpress』

腸内の絨毛

研究チームは、小腸における好酸球の役割の可能性について調査を進めました。

この調査では、好酸球が絨毛(じゅうもう)を無傷のまま維持し、組織損傷を抑えていることを発見します。

絨毛は、小腸の粘膜にある無数の樹状突起のことです。腸内の表面積を増大させ、効率よく栄養素を吸収できるようにする役割があります。

『Immunity』より

好酸球が存在しなければ、腸の運動性が調整不全に陥って、組織の構造に負の影響を与える可能性があることも分かっています。

腸にも多くの好酸球が存在しますが、これまでその機能について検討される機会は多くありませんでした。

アレルギー反応を引き起こしたり、アレルギー反応を誘引すると考えられていた好酸球が、腸の絨毛を守っていたとは驚きです。

健康維持や、美容のため腸内環境を整える「腸活」という言葉が、女性の間で浸透しています。

この「好酸球」というワードが、クローズアップされる日も近いかもしれません。

 

【AGLA 「腸」コラム一覧】
https://aglamedia.com/tag/腸/

参考文献

Small intestinal resident eosinophils maintain gut homeostasis following microbial colonization『Immunity』

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2021 10/14

【AGLA公式チャンネル更新】歯を食いしばる癖を手放して不調を改善!『なりたい自分になるための、フェルデンクライス(連載第10回)』