下痢止め薬「ロペラミド」が、自閉症スペクトラム障害の治療に効果を発揮する!?

2022.9.17

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

ロペラミドLoperamide)」は、 止瀉薬(ししゃくやく)、いわゆる下痢止めとして知られる薬で、日本でも一般的です。

この、ロペラミドが「自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder:ASD)」の中核症状の治療に役立つ可能性があることが分かりました。

 

自閉症スペクトラム障害に関しては以下のコラムをご参照下さい。

【豪研究】 網膜電図による測定でADHDとASDの診断が可能に!?

 

ASDの社会的コミュニケーション障害

ノルウェーの「オスロ大学(University of Oslo)」と、デンマークの「オーフス大学(Aarhus University)」による共同の研究が、スイスの薬理学専門のオープンアクセス学術誌Frontiers in Pharmacology』に掲載されました。

研究者たちは、自閉症スペクトラム障害(以下ASD)に関与するタンパク質と、それらが相互作用する方法を含むコンピューターモデルを使用しました。

様々な薬がシステム内のタンパク質にどのように影響するかを調べることで、研究者たちはそれを治療する潜在的な候補を特定することを試みました。

ロペラミドと呼ばれる一般的に使用される下痢止め薬が最も有望な候補であり、研究者たちはASDの症状の治療にどのように作用するかについて興味深い仮説を立てています。

ASDで最も一般的な症状の社会的コミュニケーションの障害(視線が合いにくい、視線をそらすなど他者の表情や気持ちが理解しにくいといった症状)を伴います。

以下にASDの典型的な社会的コミュニケーションの障害を挙げます。

  • 他人との波長が合わず、KYと呼ばれて浮いた存在になる。
  • いじめに遭ってしまう。
  • 友人関係を作ろうとせず単独行動を好む。
  • 相手の立場になって考えるのが苦手。 
  • ルールを守って遊んだり、集団で遊んだりすることがうまくできない。
  • 他人の存在を忘れてしまい、話しかけても聞こえていない(聞いていない)。

『発達障害と人間関係・カサンドラ症候群にならないために』宮尾益知(著)講談社現代新書より引用

ASDの主な症状である社会的コミュニケーション障害の治療薬は現在承認されていません。

しかし、ほとんどの成人と小児および青年の約半数は抗精神病薬による治療を受けていますが、抗精神病薬には重篤な副作用があるか、ASDでは効果がありません。

と、研究論文の筆頭著者であるオスロ大学のElise Koch 博士は言います。

 

下痢止め薬が、ASD治療の特効薬に?

Yikrazuul, Public domain

ASDの新たな治療法を見つけるために、研究者たちは薬剤の転用に目を向けました。

既存薬の安全性や副作用、体内で相互作用する生体分子などについて、多くの知見が得られているため、このアプローチには多くの利点があるのです。

ASDの新しい治療法を特定するために、研究者らはコンピュータベースの「タンパク質相互作用ネットワーク(※)」を用いました。

(※)タンパク質相互作用ネットワーク:タンパク質は生物を構成する基本要素であり、水が生細胞中の70%であるのに対して、タンパク質は15〜18%を占める。タンパク質は、単独で働くのではなく、他のタンパク質と結合(相互作用)して働く性質を持つ。

研究チームは、既存の薬とネットワーク内のタンパク質との相互作用を調べることで、ASDの根底にある生物学的プロセスに対抗するいくつかの候補を特定しました。

その中でも最も有望なのは、下痢止め薬として知られるロペラミドです。

この、下痢止め薬がASDの中核症状を治療できるとは意外な感じがしますが、研究者らはその作用について仮説を立てました。

 

社会的コミュニケーション障害の回復に効果を示す、ロペラミド

ロペラミドは、「μオピオイド受容体」と呼ばれるタンパク質に結合して活性化します。

(※)μオピオイド受容体:Gタンパク質共役受容体(GPCR)の1つ。GPCRは、細胞膜を7回貫通する特徴的な構造を持ち、7回膜貫通型受容体とも呼ばれる。細胞外の神経伝達物質やホルモンを受容して、そのシグナルを細胞内に伝える。多くの疾患に関係しており、市販薬の多くがこのGPCRのうち、いずれかをターゲットとしている。μ(ミュー)の他、κ(カッパ)、δ(デルタ)の3種類がある。

μオピオイド受容体は、通常はモルヒネなどのオピオイド薬の影響を受けます。鎮痛などの目的で使用されるオピオイド薬に通常期待される効果に加えて、社会行動にも影響を及ぼします。

これまでの研究では、μオピオイド受容体を欠損した遺伝子操作マウスは、ASDでみられるものと同様の社会的欠損を示しました。

興味深いことに、μオピオイド受容体を活性化する薬物は、社会的コミュニケーションの回復に役立ったのです。

マウスにおけるこれらの結果は、ロペラミドまたはμオピオイド受容体をターゲットとする他の薬物が、ASDに存在する社会的症状を治療するための新たな方法となる可能性を示すものです。

この仮説を検証するにはさらなる研究が必要とされます。

いずれにしても、今回の研究は、既存薬が元来の使用目的とは異なる効果を発揮し得るということを示唆しています。

 

鎮痛薬としての「オピオイド」に関しては以下のコラムをご参照下さい。

【米研究】国民の慢性疼痛が経済損失をもたらす!〜 CBDの有効性を活かした新しい鎮痛薬の開発が進む

 

 

News Source

Drug repurposing candidates to treat core symptoms in autism spectrum disorder『 Frontiers in Pharmacology』

Anti-diarrhea Medication May Help Treat Core Autism Symptoms『NeuroScience News.com』

参考文献

『発達障害と人間関係・カサンドラ症候群にならないために』宮尾益知(著)講談社現代新書

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2022 09/19

【STOP!脳疲労】その疲れは「脳」が原因?!疲れているのは、体ではなく「脳」かも!『自然治癒力を引き出す統合医療で、心も体も魂も健やかに(連載第六回)』