【BMIからW/H比へ】健康的な体型の新しい尺度!「W/H比(ウエスト・ヒップ比)」で早期死亡のリスクを予測可能なことが判明!

2022.9.23

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

BMI

BMI(ボディマス指数・body mass index)は、「体重(kg)÷ 身長(m)の2乗」で算出することのできる値です。

肥満度を表す国際的な体格指標ですが、肥満の判定基準はそれぞれの国で異なります。

肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症、脳血管障害などの危険因子となり、BMIが22である場合を最も病気になりにくい標準体重であるとしています。

BMIの計算はこちらから

 

W/H比

このように肥満の評価を簡単に行えることから世界で普及したBMI。

しかし、このBMIよりも早期死亡をより正確に予測出来るのが、「W/H比ウエスト・ヒップ比)」であることが、スウェーデンのストックホルムで開催された欧州糖尿病学会 (European Association for the Study of Diabetes:EASD) の年次総会 (919~23日)で発表されました。

W/H比は、ウエスト周囲径をヒップ周囲径で割った値のことです。

ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)=ウエスト・ヒップ比

W/H比が大きければ、腹部に脂肪が蓄積した「りんご型肥満内臓脂肪型肥満)」、逆にW/H比が小さければ、下半身に脂肪が蓄積した「洋ナシ型肥満皮下脂肪型肥満)」となります。

りんご型肥満 男性:1.0以上, 女性:0.9以上
洋ナシ型肥満 男性:1.0未満, 女性:0.9未満

皮下脂肪の少ない非肥満者では、このW/H比が相対比であるという理由から、体型を表す指標としては適切ではないとして、これまであまり使われて来ませんでした。

W/H比の計算はこちらから

 

UKバイオバンクのデータを調査

BMIでは脂肪の分布は考慮されていません。その結果、BMIは疾患や死亡のリスクを確実に予測することはできないのです。

私たちは、W/H比、または体脂肪量指数 (fat mass index:FMI) が、様々な脂肪分布の死亡率をより確実に予測するかどうかを調べたかったのです。

Waist-to-hip ratio better predicts early death than BMI and provides superior measure of healthy weight, study finds『Medical Xpress』

と、アイルランドのコークにあるユニバーシティ・カレッジ・コーク医学部の医学生、Irfan Khan氏は言います。

研究者たちはまず、高レベルの脂肪 (肥満) が実際に死亡率の増加を引き起こすのか、あるいは単に相関しているだけなのかを調べました。

UKバイオバンク(※)の参加者のうち、体重増加や肥満のリスクを高めることが知られている肥満遺伝子(※)を持っている人のデータを分析したところ、脂肪のレベルが高いと(単に相関しているだけでなく)実際に死亡率が高くなることが示されました。

(※)UKバイオバンク:英国在住の40歳から69歳の中高年のボランティア、約50万人が登録する、遺伝的素質や様々な環境曝露(栄養、生活様式、薬物療法など)が疾患に対して与える影響を調査する、長期大規模バイオバンク研究。2006年に開始され、最低30年間の追跡調査が行われる。ukbiobank.ac.uk

(※)肥満遺伝子:エネルギーが消費されにくい、脂肪が燃焼されにくいなどの特徴をもつ。肥満遺伝子をもつ人では基礎代謝が100〜200Kcal低い。

研究者たちは、肥満度の測定値 (BMI、W/H比、FMIに関連する遺伝子の情報) を応用し、UKバイオバンク研究の一環として、死亡まで健康状態が追跡調査されていた白人男女25,297人のデータを分析しました。

年齢、性別、遺伝的祖先をマッチさせた同じ研究の対照25,297人と比較しました(参加者の平均年齢は61.6歳で、59.3%は男性)

 

 

W/H比が高いほど早期死亡のリスクが上昇

これは、W/H比とあらゆる原因による死亡との関係が直線的に増加することを示しており、早期死亡のリスクはW/H比が最も低い患者で最も低く、その後W/H比の増加に伴って着実に増加しました。

これとは異なり、BMIFMIは全ての原因の死亡とJカーブ(※)の関係を示し、著しく高い、または低いBMI・FMIの人は、中等度のBMIまたはFMIの人と比較して死亡のリスクが増加していました。

(※)Jカーブ:短期的な期間、または、ある閾値までは、ある出来事から最終的に予想される変化とは逆方向に変化をすることを表す言葉である。そのグラフがアルファベットの「J」の字に似ていることから付けられた言葉である。Uカーブともいわれる。wikipediaより

W/H比は、BMIまたはFMIよりも全原因死亡率と強く関連しました。

例えば、W/H比が1単位上昇するごとに、BMIまたはFMIが1単位上昇する場合のほぼ2倍、早期死亡のリスクが上昇したのです。

 

 

健康的な体型の新しい尺度「W/H比」

W/H比と、全原因死亡率の間の関連は、女性よりも男性で強い傾向にありました。

BMIやFMIとは異なり、W/H比と総死亡率の間の関係は、異なる脂肪分布の間で一致しました。

Khan氏は、こう話します。

BMIの主な限界は、脂肪分布の違いを考慮に入れていないことです。これは、腰の周りに脂肪が蓄積している人は、腹部脂肪の健康リスクがあるにも関わらず、腰の周りに脂肪を蓄積している同じ年齢と身長の人と同じBMIを持つことを意味する可能性があります。

しかしW/H比は、内臓脂肪を含む腹部脂肪のレベルをよりよく反映しており、内臓脂肪は体の奥深くにある臓器を包み込み、2型糖尿病や心臓病などのさまざまな病気のリスクを高めます。

W/H比が低ければ低いほど、死亡リスクは低くなるのです。

Waist-to-hip ratio better predicts early death than BMI and provides superior measure of healthy weight, study finds『Medical Xpress』

Khan氏はさらに、研究対象の集団に関わらず、W/H比が低い方が良いことを示唆している、と付け加えています。

研究者らは、分析には遺伝的に決定されたW/H比を用いましたが、その知見は従来のW/H比の定義にも同様に当てはまると述べており、健康的な体型の簡単な尺度として、BMIに代えてW/H比を用いるべきであると結論付けています。

健康的な体型をより正確に測定することは、2型糖尿病、心疾患、一部のがん、その他多くの疾患によって引き起こされる健康障害や死亡に大きな違いをもたらす可能性があります。

 

 

News Source

Waist-to-hip ratio better predicts early death than BMI and provides superior measure of healthy weight, study finds『Medical Xpress』

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2019 02/18

【学んで使おう東洋医学のツボvol.2】今すぐ使える、冷え性に効く4つのツボ