【豪研究】睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療が、認知症のリスクを低下させる!

2022.11.11

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、文字通り、睡眠中に繰り返し呼吸が止まってしまう病気です。

医学的には、睡眠中に10秒以上呼吸が止まり(または呼吸が弱くなる)、1時間あたり5回以上こうした状態が繰り返される症状を「睡眠時無呼吸症候群Sleep Apnea Syndrome:SAS)」といいます。

日本での潜在患者数は500万人といわれており、男女比は2〜3:1で、男性に多い傾向にありますが、女性も50代以降の閉経期から発症頻度が上昇する傾向にあります。

睡眠時無呼吸症候群では、いびきや無呼吸の症状だけでなく、日中の眠気、疲労感や倦怠感、頭痛、うつ症状や不安など、メンタルヘルスにも多大な影響を与えます。

また、高血圧、脳卒中、心筋梗塞を引き起こすリスクも非常に高くなります。

しかし、実際に医療機関を受診する人は少なく、治療を受けているのは潜在患者数の1割ほどだといわれています。

 

CPAP治療とは?

睡眠時無呼吸症候群の治療のひとつに「CPAP(シーパップ)療法」と呼ばれるものがあります。Continuous Positive Airway Pressure(経鼻的持続陽圧呼吸療法)の頭文字を取ったものです。

睡眠時無呼吸症候群には、「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)」「中枢型睡眠時無呼吸(CSA)」「混合型睡眠時無呼吸」の3種類がありますが、CPAP療法は主に、閉塞性睡眠時無呼吸の有効な治療法として知られています。

閉塞性睡眠時無呼吸は、気道の閉塞によって引き起こされるため、鼻にマスクを装着し、CPAP装置からエアチューブで、気道に空気を送り続けます。

オーストラリア「クイーンズランド大学(The University of Queensland:UQ)」の研究で、この睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療が、認知症のリスクを低下させる効果があることが分かりました。

 

CPAP治療で認知機能が改善した!

クイーンズランド大学の「クイーンズランド脳研究所(Queensland Brain Institute)」と「生物医科学スクール(School of Biomedical Sciences)」Elizabeth Coulson教授と、そのチームはマウスにおいて睡眠中の脳への酸素不足とアルツハイマー病の因果関係を発見しました。

Coulson教授は、

マウスの睡眠不足だけでは、軽度の認知障害しか引き起こさないことがわかりました。

しかし、睡眠呼吸障害を誘発する新しい方法を開発し、マウスがアルツハイマー病の病理学的特徴を悪化させることを発見しました。

脳に酸素が不足すると、認知症で特徴的に死滅するニューロンの選択的変性が、低酸素症によって引き起こされることが実証されました。

The Link Between Sleep Apnea and Dementia『Neuro Science News.com』

と、説明します。
また、研究の次のステップは、どのレベルの低酸素がヒトの脳変性を引き起こすかを明らかにすることであると述べました。
高齢者の約50%が閉塞性睡眠時無呼吸であると推定されており、睡眠中に喉の筋肉が断続的につぶれて気道を塞ぎ、呼吸が停止したり始まったりします。

CPAP装置をマウスに適合させることはできませんでしたが、実験的に低酸素症を予防し、これにより認知障害とニューロンの死滅を停止させ、アルツハイマー病の病状も軽減しました。

これは、閉塞性睡眠時無呼吸のCPAP治療が認知症リスクを低下させる可能性があることを示唆しています。

The Link Between Sleep Apnea and Dementia『Neuro Science News.com』

Coulson教授は、この研究結果は認知症の臨床医が患者を診断し治療する方法を変える可能性があると述べています。

CPAP装置を装着している閉塞性睡眠時無呼吸患者の30%は、すでに認知症様認知障害の徴候を示しています。

認知症の臨床医の中には、睡眠障害が特定され治療された後、患者の記憶力が改善したと報告している人もいます。

The Link Between Sleep Apnea and Dementia『Neuro Science News.com』
もちろん、睡眠時無呼吸症候群の人が、全て認知症になるわけではありません。しかし、認知症のリスクのある人を定義づける必要はあります。
今回は、マウスによる試験でしたが、現在、初期段階のヒトによる試験が進行中とのこと。
既に睡眠時無呼吸症候群の症状のある人は、率先して医療機関を受診した方が賢明かもしれません。CPAP治療によって認知機能を維持出来る可能性があるのですから。

 

News Source

Cholinergic basal forebrain degeneration due to sleep-disordered breathing exacerbates pathology in a mouse model of Alzheimer’s disease『Nature Communications』

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事