【今こそ見直そう!】絶え間なく届くスマホの『プッシュ通知』が、脳にとって脅威となる!

2022.12.16

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

InstagramやTwitterといったSNSから、またはUbereatsやwoltといったデリバリーアプリから、それに天気予報やニュースサイトから。そして、メッセージアプリからも。

あなたのスマートフォンには、絶え間なく通知が届いていませんか?

「通知機能」は、見逃せないニュースや、お得な情報をいち早く知るためには、欠かせないツールですが、次々と届く通知に、注意力が散漫になってしまうことも。

例えば、「通知機能」が「無音」に設定されていたとしても、スマートフォンが存在するだけで私たちの「認知機能」が低下する(*)という調査研究も存在しています。

(*)Brain Drain: The Mere Presence of One’s Own Smartphone Reduces Available Cognitive Capacity(ブレインドレイン(頭脳流出):スマートフォンがあるだけで利用可能な認知能力が減る)『THE UNIVERSITY CHICAGO PRESS JOURNALS』

 

その「通知」、あなたにとって本当に大事なもの?

平均的な人では、1日に85回、およそ15分に1回、スマートフォンをチェックしているというデータがあります。

これは、15分ごとに「今、自分のしていること」から注意が逸れてしまうということを意味しています。問題はスマートフォンに、自分のしていることを邪魔されてから、集中力が回復するまでの時間が数分かかることです。

ただ何となくテレビを観ているだけならば、気が散ることは大した問題ではありません。しかし、車を運転したり、勉強をしたり、仕事をしたり、大切な人と過ごしていたとすると、かなり大きな問題につながる可能性があるでしょう。

 

2種類の中断

スマートフォンからの通知は 外因性の中断 です。つまり、周囲の外部の何かが日常の行動の中断を引き起こしているのです。

スマートフォンの音を聞いて興奮した気分になることもあります。これは、ギャンブルをする人がポーカーマシンを見たり、音を聞いたりするとすぐに慣れてしまうのと同じ快感です。

スマートフォンが、サイレントモードの場合はどうでしょう?これで通知によって注意力が削がれてしまう問題は解決するのでしょうか。

そんなことはありません。

これは別のタイプの中断であり、「内因性の中断」です。

タスクに取り組んでいても、スマートフォンに注意が流れてしまうことを考えてみてください。ネット上で何が起きているのか確認したいという衝動に駆られたかもしれませんが、いずれにせよ確認したはずです。

このような状況では、スマートフォンを見るたびに報酬(新しい情報という)を強く期待するようになるため、その成果が発生するまで通知を待つ必要がなくなります。

これらの衝動は強力です。

スマートフォンのチェックに関するこの記事を読むだけで、スマートフォンをチェックしているような気分になるかもしれません・・・

 

脳を休息させましょう!

これらの中断は、認知とウェルビーイングにとって何を意味するのでしょうか。

プッシュ通知は生産性の低下集中力の低下、職場や学校での注意散漫の増加と関連しているという証拠が増えています。

しかし、注意力の頻繁な切り替えを管理するために、私たちの脳がより懸命に働いているという証拠はあるのでしょうか?

ヒトの脳波を調査したある研究では、自分のことを(スマートフォンの)ヘビーユーザーだと言っている人は、ライトユーザーだと言っている人よりもプッシュ通知に敏感であることがわかっています。

プッシュ通知を聞いた後、ヘビーユーザーはライトユーザーよりもタスクへの集中力を回復するのに有意に劣っていたのです。

プッシュ通知は両グループの集中を中断しましたが、ヘビーユーザーは集中力を取り戻すのにはるかに時間がかかりました。

また、スマートフォンの使用を頻繁に中断すると、対応の必要性にストレスを感じることがある。また、スマートフォンの頻繁な中断は、FOMO (*) の増加と関連しています。

(*)FOMO(Fear Of Missing Out):取り残されることへの恐怖や不安を意味している。自分がいない間に、自分が知らない間に、他者が有益で、楽しい体験をしたのではないかという不安や、自分だけが重大なニュースを見逃しているのではないかという「見逃しの恐怖」を指す。

Fear of missing out is associated with disrupted activities from receiving smartphone notifications and surface learning in college students『Sciencedirect』

通知に対して反応や応答をした後に、スマートフォンに気を取られてしまった場合、その後に中途離脱したタスクに戻るのを先延ばしにしてしまうと、罪悪感や欲求不満を感じてしまう可能性もあります。

非生産的な方法でスマートフォンを使用する時間が長いほど、ウェルビーイングの評価が低くなる傾向があることを示す証拠は確かにあります。

 

 

どうすれば、通知に振り回されないか?

スマートフォンをサイレントモードに切り替えても、特に頻繁にスマートフォンをチェックすることが習慣づいている人にとっては、魔法のように問題を解決することはできないでしょう。

行動の変化を迫られるため、それはとても難しいことです。

永続的な変化を求めるためには、いくつかの試みが必要になる場合があります。タバコをやめたり、減量したり、運動プログラムを始めようとしたことがあれば、その意味がお分かりでしょう。

まず、不要な通知をすべてオフにします。

次に、スマートフォンをチェックする回数を減らしたい場合に試すべきことを3つ挙げます。

是非、実践してみましょう!

寝室とは別の部屋で一晩スマートフォンを充電する。通知によって眠りにつくことが妨げられたり、一晩中、繰り返し覚醒させられたりすることを防止します。

チェックしたい衝動を中断し、その瞬間に自分の利益になるかどうかを積極的に判断する。例えば、携帯電話に手を伸ばすようになったら、立ち止まって、この行動が注意散漫以外の目的に役立っているかどうか自問する。

ポモドーロ・テクニック(*)」を試して、タスクに集中してください。

これは、時間を管理しやすい単位(例えば25分)に分割し、この間に短い休憩(例えば、スマートフォンをチェックする)を入れることで、自分にご褒美を与えるという方法。

報酬の間隔を徐々に長く設定します。

(*)ポモドーロ・テクニック(Pomodoro Technique):80年代に、イタリア人のフランチェスコ・シリロ氏( Francesco Cirillo)が考案した集中力と生産性をアップさせる時間管理術のこと。

① 達成しようとする目標やタスクを選択する。


② キッチンタイマーで25分をセットする。この25分を「1ポモドーロ」とし、この間は他のことをせずに決めたタスクに集中する。

③ 25分経ったら、5分間休憩する。

④ ②〜③のステップを4回繰り返し、15〜30分の長い休憩をします。

1ポモドーロの途中で予期せぬ事態が起こってタスクを中断した場合には、ポモドーロは終了し、再び最初からやり直す、

Take It From Someone Who Hates Productivity Hacks—the Pomodoro Technique Actually Works『the muse』

通知によって届く情報のほとんどは、貴方にとって有益なものではないはずです。

注意力が散漫になって、今すべきことが疎かになったり、脳を疲弊させている一方だとしたら。

これを読んだ、その時が、見直すタイミングかもしれません!

 

News Source

Ping, your pizza is on its way. Ping, please rate the driver. Yes, constant notifications really do tax your brain by Sharon Horwood『The Conversation』

The Conversation

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2019 02/18

【学んで使おう東洋医学のツボvol.2】今すぐ使える、冷え性に効く4つのツボ

2018 11/10

「心の病気」を救える日を待ちわびて 最新メンタルヘルスケア事情