【大気汚染で毎年700万人が死亡】汚染物質から守ってくれるはずの空気清浄機が室内を汚染している!?

2022.12.22

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

空気清浄機が室内を汚染する?

大気汚染で毎年約700万人が死亡(※)しています。

(*)「PM2.5」などによる大気汚染が世界的な拡大を続けており、これによって肺がんや呼吸器疾患などで年間700万人が死亡していることを、世界保健機構(WHO)が発表しています。中東や南アジアではPM2.5やPM10が、WHO基準の5倍を超えた国が目立っている状況です。2016年には屋外汚染で約420万人、屋内汚染で約380万人が死亡したと推定しています。

これらの死亡のほとんどは開発途上国で発生しており、そこでは換気の悪い場所で固形燃料が燃やされることが多いのです。

しかし、このうち26,000人から38,000人がイギリスで死亡しています。

イギリスの人々は、自宅でも職場でも学校でも通勤でも、80%以上の時間を屋内で過ごしています。そのため、閉鎖された空間の中で安全に呼吸できるようにすることが重要です。

近年、特にCOVID-19が空気感染であることが明らかになってからは、空気清浄機の市場は広がり続けています。

熱や光触媒によるものもあれば、吸着、ろ過、UV殺菌照射、イオン発生、静電沈殿によるものもあります。

科学的な響きのある名前を持っているにもかかわらず、これらの技術はすべての屋内大気汚染物質を除去するものではなく、多くは望ましくない化学汚染物質を発生させることが、イギリスの政府機関である「緊急事態のための科学諮問グループ (Scientific Advisory Group for Emergencies:SAGE)」 による最近の報告書で詳述されているのです。

例えば、イオン発生装置は粒子状物質に電荷を与えて表面に落下させ、空気中から除去します。しかし、操作によってオゾンを生成することもできます。

また、静電沈殿装置は粒子状物質を帯電させて除去するが、窒素酸化物やオゾンを発生させることができます。

光触媒などによる化学酸化装置は、実際にはオゾン発生器または化学物質の混合物を使用して、オゾンやその他の酸化剤を直接部屋に放出します。

オゾンや窒素酸化物が有害なガスであることを考えると、これらの装置の中には、ある汚染物質を別の汚染物質に置き換えているだけのものもあるのです。

SAGEの報告書では、空気清浄技術は、十分に換気され、特定のリスク(屋外の交通量の多い道路など、自然換気をより困難にする)がない限り必要とされない空間では、限られた利益しかもたらさない可能性が高いと結論づけています

報告書はまた、ろ過またはUV殺菌を使用する技術は、正しく使用されれば最も有益である可能性が高いと結論づけた

空気清浄機の問題の1つは、イギリスでは規制されていないことです。

このような装置を購入する人は、どの程度効率的に汚染物質を除去できるかを判断するために、メーカーから提供される情報に頼る必要があります。

空気清浄機は、一般的な占有された建物ではなく、慎重に管理された実験室の条件下でテストされる傾向があります。

二次汚染物質(*)の生成の問題には対処されていないことが多く、最良の結果を得るために空気清浄装機をどこに置くべきかについての助言がないことが多いようです。

(*)二次汚染物質:一次汚染物質が他の汚染物質等と化学変化し、新たに生成された汚染物質。

消費者には、空気清浄技術の利点を評価し、どれを選ぶべきかを判断する責任が大きすぎることが問題です。

 

 

消費者にとって使いやすい機器を選ぶ

消費者にとってこれを容易にするために、政府はこれらの機器の安全性と有効性をテストするための認定された独立した組織を設立する必要があります。

テストは、実際の屋内環境で実施し、空気清浄機が古くなっても安全に使用および維持できることを確認する必要があります。

また、メーカーは空気清浄機の操作方法やメンテナンス方法について明確なアドバイスを提供すべきです。これらの機器の操作と保守は、できるだけ簡単に行える必要があります。

メーカーは、冷蔵庫や調理器などの白物家電に対して現在行っているように、動作パラメータも提供すべきでしょう。

パラメータには、騒音、メンテナンスコスト、清掃可能なスペースの容積、汚染物質除去効率などが含まれます。これらは標準的なチェックリスト形式で提供する必要があり、消費者が簡単に機器を比較できるようにします。

こうした変化があったとしても、消費者は室内空間や部屋に本当に空気清浄技術が必要かどうかを考える必要があります。

多くの消費者が自宅の空気をきれいにする必要があるかどうかを理解するための専門知識や設備が不足していることを考えると、これはおそらく最も難しい側面であるといえます。

ほとんどの家庭では、自然換気で十分であり、特に調理や掃除など、屋内での排出量の多い活動の後は尚更です。

調理の際にはキッチンのレンジフードを、バスルームの使用時には換気扇を使うのも効果的です。

建物が交通量の多い道路に面している場合は、道路の反対側や、ラッシュ時以外に窓を開ける必要があるでしょう。

住宅所有者が換気に加えて空気清浄が必要かどうかを判断するための比較的安価な方法の1つは、二酸化炭素モニターを購入することでしょう。

最近の報告では、二酸化炭素濃度が一貫して1,500 ppmを超えている場合は、換気が不十分であり、空気清浄が有益である可能性があることが示されています。

最後に、空気清浄は暫定的な解決策でしかないことを付け加えておきます。

ほとんどの建物では、屋外から大気汚染物質を除去し、十分な換気ができるように十分な窓の開口部を確保することが最善の解決策なのです。

 

News Source

Air purifiers: indoor pollution kills but many devices are ineffective and some may even cause harm by Nicola Carslaw『THE CONVERSATION』

The Conversation

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

おすすめ関連記事

2018 10/23

精油で女性ホルモンが増える!? 更年期障害の緩和も期待【最新研究】

2022 09/23

【BMIからW/H比へ】健康的な体型の新しい尺度!「W/H比(ウエスト・ヒップ比)」で早期死亡のリスクを予測可能なことが判明!