白鹿を蘇生させた、大空を駆ける勇猛な森の王者「鷹」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第四十三回)』

2021.7.31

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

鷹と鷲

クマタカ

鷹(タカ)は大空を優雅に舞う姿、精悍な顔つき、勇猛な狩りの様子などから、鳥類の中でも別格の存在感を放っています。

鷹や鷲(ワシ)などの猛禽類は、食物連鎖の頂点に君臨する捕食者であることから、神の使いであると神聖視されて来ました。

その鷹と鷲ですが、意外にその区別は曖昧で、タカ科に分類される比較的大型の種を鷲、中型から小型の種を鷹と呼称しているに過ぎません。

カンムリワシ

クマタカはオスで体長約70cm前後と鷹の中でも大きな種なので、世界的な基準では鷲に分類することも可能です。一方、カンムリワシは鷲という名がついてはいますが体長約50cm程度と、クマタカの方が大きいのです。これが区別の曖昧さの所以です。


鷹狩り

オオタカ

クマタカやオオタカは、古来より「鷹狩り」に使われて来ました。

鷹狩りの歴史はかなり古く、紀元前4500年頃には既に中央アジアを中心に行われていたとされます。

それが日本に伝わったのが西暦355年のことです。『日本書紀』巻第十一にはこのような記述が見られます。

卌三年秋九月庚子朔、依網屯倉阿弭古、捕異鳥、獻於天皇曰「臣、毎張網捕鳥、未曾得是鳥之類。故奇而獻之。」天皇召酒君、示鳥曰「是何鳥矣。」酒君對言「此鳥之類、多在百濟。得馴而能從人、亦捷飛之掠諸鳥。百濟俗號此鳥曰倶知。」是今時鷹也。乃授酒君令養馴、未幾時而得馴。酒君則、以韋緡著其足、以小鈴著其尾、居腕上、獻于天皇。是日、幸百舌鳥野而遊獵。時雌雉多起、乃放鷹令捕、忽獲數十雉。是月、甫定鷹甘部、故時人號其養鷹之處、曰鷹甘邑也。
仁徳天皇即位43年9月1日のこと。依網屯倉阿弭古(ヨサミノミヤケノアビコ)は不思議な鳥を捕えて、天皇に献上します。
天皇はこの不思議な鳥を酒君(サケノキミ)に見せて、これはどういう鳥なのかと問います。

酒君は「この鳥は百済(現在の朝鮮半島西部)に生息する鳥です。この鳥は飼い慣らすことができ、人にも従います。速く飛ぶことができて、諸々の鳥を捕えます。百済ではこの鳥のことを倶知(クチ)といいます」と答えます。
天皇は、それを聞いて早速この鳥を酒君に預けて訓練を開始します。うまく慣らしたのち再び天皇に献上すると、その日のうちに天皇は大阪の百舌鳥野(モズノ)に狩りに出かけます。すると倶知(鷹)はたちまち数多の雉を捕らえるのです。
以来、鷹狩りは主に公家などの高貴な人々の間で親しまれ、伝統が受け継がれて来たのです。

「放鷹術実演」江戸村のとくぞう, CC BY-SA 4.0 , ウィキメディア・コモンズ経由で

諏訪大社では「贄鷹(にえたか)」といって、鷹が捕らえた獲物を神前に供える神事が行われて来ました。この神事を司っていた流派である放鷹術の諏訪流は代々、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった名だたる武将たちの専属の鷹匠として仕え、今日までその伝統と技法を伝えています。
最も鷹狩りが盛んに行われていたのは、江戸時代の徳川将軍家。
これは鷹狩りが単なる武士の嗜みではなく、合戦のシュミレーション、領地視察として最適なものだったからだともいわれています。

丸に違い鷹の羽

また、鷹の羽は家紋にもなっています。古くから「阿蘇神社」の神紋であったことから、鷹の羽を家紋とする家系は南九州一帯に分布しています。
両親が熊本県人吉市出身であることから、我家の家紋も「丸に違い鷹の羽」です。

 

神使「鷹」

英彦山神宮

英彦山神宮・奉幣殿(国指定重要文化財)

福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町にまたがる標高1,199mの英彦山は、「日本二百名山」に数えられる登山の名所であり、また羽黒山(山形県)、熊野大峰山(奈良県)とともに「日本三大修験山」に数えられる修験道、山岳宗教のメッカです。

この英彦山に鎮座するのが「英彦山神宮」、県内唯一の神宮です(頂上に上津宮、山腹に中津宮と下津宮が鎮座する)。

この英彦山神宮の使いは鷹とされています。

雄大な英彦山の景色

神使としての鷹には、以下のような由来があります。

継体天皇25年(531年)、山中で猟師の藤原恒雄が1頭の白鹿を射ました。その時3羽の鷹がどこからともなく現れて、絶命した白鹿に檜の葉に浸した水を与えると、白鹿は生き返りました。

これを見た恒雄は、白鹿と鷹は神の化身なのだと悟り、その後仏門に入ってこの地に寺を建立したと伝えられています。

ご祭神の稲穂の神、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト)は、鷹の姿をして東よりこの地に現れたといわれています。

このような謂れから、英彦山神宮で頒布される護符は牛王法印(熊野三山で授与されるカラス文字で書かれた特殊な神札のこと)で、3羽の鷹が描かれています。神紋も鷹の羽がモチーフとなっています。

英彦山・豊前坊展望台登山口

末社・大南神社

私は登山が趣味で、県内でも有数の標高を誇る山であることから、年に何度かここ英彦山に入ります。各所に修験者たちの修行の痕跡が残る、とても神秘的な山です。

登山道で、ばったりと鹿に出くわすと、この創建の伝承が頭をよぎります。いつぞやは、数mにも及ぶと思われる蛇と遭遇し、とても慌てた記憶があります。

 

【鷹に所縁ある神社仏閣】
英彦山神宮(福岡県田川市)
上野東照宮(東京都台東区)
世良田東照宮(群馬県太田市)

 

参考文献

『神道辞典』国学院大学日本文化研究所(編)弘文堂
『神社のどうぶつ図鑑』茂木貞純(監修)二見書房
『お寺のどうぶつ図鑑』今井浄圓(監修)二見書房
『神様になった動物たち』戸部民生(著)だいわ文庫
『神使になった動物たち - 神使像図鑑』福田博通(著)新協出版社

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

↓こちらからマーク・ケイ先生の鑑定を受けられます!↓
うらなってMe

おすすめ関連記事

2020 08/22

人々の思いを神様のもとに届ける使者「馬」-『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第九回)』

2020 10/27

国産みに関わった、夫婦和合の象徴「セキレイ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第二十二回)』

2020 10/10

人々に愛され、神として祀られる「タヌキ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第十八回)』