聖地に住まう、雷除け・火難除けの霊鳥「ライチョウ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第二十五回)』

2020.11.25

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

神使「ライチョウ」

冬から春にかけては白い羽の色に変わる

「ライチョウ」は本州中部の2,200m以上の高山帯に住む、ずんぐりとした丸い体が特徴の可愛らしい鳥です。

生息地の南限は日本の南アルプス・イザルガ岳(標高2,540m)で、80年代には3,000羽の国内生息数が確認されていましたが、2000年代には2,000羽弱に減少したといわれています。

目の上に赤い肉冠があるのがオスで、興奮したり繁殖の時期になると赤い肉冠は大きくなります。羽の色も季節ごとに変わり、冬は白、夏は褐色で、春と秋は白と褐色の入り混じった色をしています。

ライチョウは「雷鳥」と書くように、雷除け、火難除けの霊鳥とされています。名前の由来は、今にも雷が発生しそうな雲が広がっている時に動き回る習性からきているといわれます。また、高山帯に住むことから、雷が発生しやすい場所に住む鳥という意味で「雷鳥」と名付けられたとの説もあるようです。

夏羽のライチョウ

霊山とライチョウ

ライチョウが住む、頸城山塊(くびきさんかい)北アルプス乗鞍岳御嶽山南アルプスの山々は、いずれも山岳仏教(修験道)の聖地・霊山として知られます。

頸城山塊の主峰「妙高山」は、別名を「須弥山(しゅみせん)」といいます。須弥山とは古代インド仏教の世界観において、その中心にそびえ立つとされる聖なる山のことを指します。妙高山の名は、須弥山を漢訳したものなのです。

古くから妙高山は修験道が盛んで、女人禁制、登山禁止とされていました。そんな妙高山の神様を祀るために創建されたのが現在の「関山神社」です。

立山 雄山山頂・雄山神社

北アルプスの「立山」は富士山、白山と並び「日本三霊山」に数えられます。

富山県の立山町と、長野県大町市の扇沢を結ぶ立山黒部アルペンルートは、20mもの雪の壁の間を通り抜ける「雪の大谷」など見どころも多く、バスやケーブルカー、トローリーバスなどを乗り継ぐ世界有数の山岳観光ルートです。

富士山が木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)という女神が宿る山とされるのに対し、立山は伊邪那岐神(イザナギノカミ)と、天手力雄神(アメノタヂカラノオノカミ)の男神をご祭神とする「雄山神社」がその頂上に鎮座します。

伊邪那岐神の本地仏は阿弥陀如来、天手力雄神の本地仏は不動明王であり、この二神の霊示を受けて開山されたのが、この立山です。以来、立山は神仏習合の一大聖地として、皇室や武将の厚い崇敬を受けました。

「本地仏」・・・(神道の)八百万の神々は、仏教の仏が化身した姿であるとする考え方。垂迹ともいう。
「霊示」・・・神仏が示す事柄、ことば。

乗鞍岳・山頂

乗鞍岳も、古くは「位山」と呼ばれ遥拝される信仰の山でした。
山頂の飛騨側には「乗鞍大権現(乗鞍本宮奥宮)」、信州側には「朝日権現神社」が祀られ、また修行僧であり、仏師でもあった円空上人や、木喰上人なども修行のため登拝したことでも知られています。
2014年に発生した噴火が記憶に新しい御嶽山も、山岳信仰が盛んな山として知られます。
702年(大宝2年)に修験道の開祖、役小角(えんのおづぬ)が開山。山頂最高点の剣ヶ峰には信濃国司の高根道基により御嶽神社奥社が創建されます。奥社への登拝には、100日間の精進潔斎(酒や肉食を断ち、行いを謹んで修行に勤しむこと)を必要とするなど、山そのものが信仰の対象でした。
このような精進潔斎などの厳しい修行を行った道者といわれる人々が集団で登拝する、いわゆる「講社」が盛んとなり、覚明と普寛という2人の行者により御嶽信仰が全国に広められました。

甲斐駒ヶ岳・山頂

南アルプスの北に位置する甲斐駒ヶ岳。
この日本アルプス屈指の名峰も、俗人の入山を厳しく規制する信仰対象の山でした。修験者であった鐇弘法印(小尾権三郎)によって登山道「黒戸尾根」が開かれ、現在でも登山道には数多くの石像、石仏が残されています。

雷除け、火難除けの霊鳥

京都御所

このようにライチョウが住む場所は、もれなく山岳信仰の対象となってきた霊山・聖地と重なっていました。そうした霊山には、修験者など山を日々登拝する人々が行き交っているため、その存在が広く知られるに至ったのではないでしょうか。また霊山に住まう鳥ということから、神秘の霊鳥、神の鳥としての性質を帯びるようになり、崇められたのです。
鎌倉時代後期の和歌集『夫木和歌抄(ふぼくわかしょう)』には、後鳥羽院と藤原家隆によって詠まれたライチョウを題材とした歌が収録されています。
しらやまの 松のこかけに かくろへて やすらにすめる らいの鳥かな
〜 後鳥羽院 〜
あはれなり 越の白根にすむ鳥も 松をたのみて 夜をあかすらむ
〜 藤原家隆 〜
*「しらやま」「越の白根」は「日本三霊山」のひとつ「白山」を、「松」はライチョウが住処とする「ハイマツ」を指しています。
これがライチョウの名前が初めて文献に登場した記録だといわれています。
宝永5年(1708年)に京都で起こった宝永の大火の際、後鳥羽院の詠んだ上記の歌を、ライチョウが描かれた絵に書き添えて飾っていた京都御所の、ある建物だけが不思議なことに焼け残りました。それ以来、この歌を書き写した紙(または、ライチョウを描いた絵)を家に貼れば雷が落ちないという俗信も広がったのです。
【神社】
田島御嶽神社末社・天神雷鳥社(埼玉県さいたま市)
白山比咩神社(石川県白山市)

参考文献

『神道辞典』国学院大学日本文化研究所(編)弘文堂
『神社のどうぶつ図鑑』茂木貞純(監修)二見書房
『神様になった動物たち』戸部民生(著)だいわ文庫
『東京周辺 神社仏閣どうぶつ案内 神使・眷属・ゆかりのいきものを巡る』川野明正(著)メイツ出版『白山の自然史・白山のライチョウの歴史』石川県白山自然保護センター(PDF
『ライチョウ』環境省(WEB

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

↓こちらからマーク・ケイ先生の鑑定を受けられます!↓
うらなってMe

おすすめ関連記事

2020 09/19

仏法を守護し、吉祥をもたらす「ゾウ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第十四回)』

2020 05/20

鳥居とは何か?④ 〜鳥居の分類と構造〜 【神明系鳥居・前編】