【2021年版】初詣や月参りに 〜『③接末社・ご神木・絵馬・おみくじ・縁起物』〜 神社への参拝で神様とのご縁を結ぶ方法

2020.12.26

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

久保多渓心 ( ライター・占術家 )

墨が織り成す一子相伝の占術 “篁霊祥命(こうれいしょうめい)” を主な鑑定手法とする占術家。他にも文筆家やイベント・オーガナイザーとしての顔も持つ。また引きこもり支援相談活動なども行なっている。

 

今週二回に渡ってお届けをした2021年版「神社への参拝で神様とのご縁を結ぶ方法」。

今回は、接末社への参拝、ご神木、絵馬、おみくじ、縁起物についてはお話をさせていただきます。

 

摂社、末社への参拝

皆さんは、ご祭神(本殿にお祀りされた神様)に参拝されたあと、どうされていますか?

おそらく境内を散策されると思います。

その時に目に入るのは「接末社」ではないでしょうか。

この接末社は神社の境内、もしくは境外に鎮座する小さな社で、本殿に祀られたご祭神と縁の深い神様が祀られています。

摂社」は、本社のご祭神の荒魂、后神・御子神、社地に古くから祀られていた地主神や、特別な由緒をもつ神様が祀られています。

一方の「末社」は、こうした基準にあてはまらない神様を祀った社です。

神社に参拝に行かれた際は是非、本殿のご祭神だけでなく摂社や末社にも参拝してみましょう。ご自身の願いごとにご利益のある神様や、自分にとって縁のある神様が必ずいらっしゃるはずです。

よくあるのは、氏神様(居住する地域の神様)と産土様(生まれた土地を守護する神様)を祀る神社や、崇敬神社などに共通する神様がいらっしゃるケース。

それぞれの主祭神は違うのだけれど、産土様の摂社には氏神様の主祭神が祀られているとか、崇敬神社に参拝に行くと、その神社の摂社に産土様の主祭神が祀られているということがよくあったりします。

そのように縁のある神様はとくに大事にするべきでしょう。そのような神様がいらっしゃらないか、接末社を巡って探してみてください。

摂社、末社を参拝される場合は、左回り(反時計回り)で移動しましょう。

 

【ワンポイント】ご朱印

元旦やお正月は、特別な限定ご朱印の授与が各地の寺社で行われます。こうしたご朱印を目当てに寺社へ行かれる方も多いでしょう。ご朱印は参拝の証です。必ず参拝後にいただくようにしましょう(各寺社の定めるルールを守りましょう)。

本社だけでなく、接末社のご朱印の授与を行っている神社もあります。自分の願いごとや、目標に合った接末社のご朱印も是非いただきましょう。

いただいたご朱印は大切に神棚に安置するか、神棚がなければ、汚損のないように清浄な場所にしまっておくようにしましょう。ご朱印帳のあるスペースそのものが、ご自宅のパワースポットになります。

ご朱印の起源については下記コラムをご参照ください。

 

ご神木

神社にはご神木などがあることが多く、近年のパワースポット・ブームの影響からか、みだりにご神木に触れたり、抱きついたりする方もいらっしゃいます。

ご神木だからパワーがあるというのは、決して間違いではありませんが、ご神木によって性質が異なり、その個性は様々です。

ご神木は「木」ではなく、神性が宿った「神」そのものであり、意図や意思(神意)をお持ちです。

優しく温かい何人(なんぴと)も受け入れる神様もいらっしゃいますが、神域を守護するために非常に厳しい性質を持った神様が宿っていらっしゃる場合もあります。

神社側が、そのご神木のご利益に預かって頂きたいという前提で「是非、触れてください」と看板などを設置して下さっている場合は良いのですが、そのような看板が設置されていない神社、またはご神木に触れることを禁じている神社では、みだりに触れないように気をつけなければなりません。

インスタ映えを狙って無邪気にご神木に抱きついて写真を撮ったら帰りに怪我をしてしまった、ということがないとは言えません。

場合によっては、障り・祟りを被ってしまう可能性もあります。実際に事故などに遭われたお話をいくつも伺ったことがあります。

これはよくお聞きする話でもあり、経験値でもあるのですが、パワースポットと呼ばれる神社での障りは目や足(いずれも左側)に生じやすい傾向にあります。

神社参拝後、パワースポットを訪れた後などに目や足を患ったことがないか思い出してみて下さい。それは偶然ではないのです。

 

絵馬

絵馬には願いごとを書きますが、「叶ったあと、どうするか」まで書くことで叶う確率が飛躍的に上がります。

極端な例ですが、例えば宝くじで一等の当選を願ったとします。

この場合「宝くじが当たりますように」というだけでは神様にこの願いごとは届きません。「宝くじの当選金の使い道をより具体的にお伝えする」ということが大事です。

またさらにその当選金が、願いごとをした神社や神様に還元される約束をすれば、より願いごとが叶う確率は上がります。

例えば当選金が一千万円だとすれば、そのお金はこういう使い方をし、残りの百万円は神社へ寄進する。または神様に対してこのようなお礼をするという具体的なお礼の方法の中身までを絵馬に書けば、願いが叶う確率は上がります。

ただし、その願いごとが利己的なものに終わらず、他者へも良い影響を及ぼし得ること。そして神様へのお礼は、現実的なもの、自分自身が約束を守れる範囲に留めておくべきです。

先ほどの例で言うと、残りの百万円を神社へ寄進すると約束をしたにも関わらず、実際に一千万円が手元に入ってくると、そのうちの百万円を寄進するのがもったいと思ってしまい、十万円しか寄進しなかったり、寄進そのものをしなかったとします。

すると、逆に災いが降りかかる恐れがあるのです。私自身、実際に願いごとが叶ったのにも関わらず、神様との約束を破り、事故に遭ったり、病気になってしまった方を何人も知っています。

神様は仏様とは違い、どこまでも慈悲深い存在というわけではありません。本殿に祀られているご祭神がお優しくても、その使いである眷属神は人間に近い感情の動きを持っており、荒ぶる性質を持った存在も多いのです。

【ワンポイント】願いごとのコツ

願いごとは「こういう努力をする」ので、「こういう結果が訪れますように」という、自発的な行為や行動を神様にお示しした方が、より叶いやすくなります。自発的な行動をせず、ただ善いことが起こるようにという「受け身」の姿勢では願いごとは叶いにくいのです。


おみくじ

おみくじは神様からの個人宛の手紙をいただくものと考えて下さい。おみくじを引く前に、神様にお伺いを立てたいこと、願いごとを心の中に念じて下さい。そしてあまり迷わず、直感で引いてみましょう。

大吉や、凶などの吉凶には注目し過ぎず、和歌とその解説をしっかりと読んでください。

必ず、あなたの喫緊の問題や、懸念している問題に関する答えになっているはずです。または、先ほど念じた願いごとが、どうすれば実現するかが書かれているでしょう。

実はおみくじを引く、その手先の動きにすでに神様の意思が反映されているのです。つまり自分が引いているようで、実は神様が引いているようなもの。

人によっては、おみくじを開いてすぐに、実際におみくじには書かれていない言葉や、アドバイスが紙に浮き上がるように見えることもあります。

おみくじは神様との接近遭遇体験であり、コミュニケーションです。その邂逅の一瞬を存分に堪能して下さい。

そしてもう一つ、先ほどのご神木に関連する問題です。

おみくじを授与頂く、社務所の周囲にはご神木などの木々があり、引いたおみくじなどが、こうした木々の枝に結び付けられているのをよくご覧になるかと思います。

とくに引いたおみくじの結果が悪い時などは、持って帰るよりも祈願の意味も込めて神社の境内の木の枝に結んでおきたいとお思いになるのは、とても自然なことです。

神社内にある木におみくじを結びつけている光景は当たり前のように見受けられますし、誰かが既に結びつけていると、自分も同じようにして良いのだと錯覚してしまいます。

しかし、そうした人たちが連鎖してしまうと、神域にある木はおみくじだらけになってしまいます。

神社側が、おみくじを結ぶための専用のスペースを設けている場合は、そちらを利用するべきでしょう。それ以外は、おみくじを持ち帰って下さい

おみくじは神様からのメッセージが書かれた文書です。

ご神意が凝縮されたおみくじを木に結び付けて行くというのは、大事な人があなた宛へ書いてくれた手紙を、その大事な人の家に置いて行くようなものです。

そこに書かれたメッセージを教訓にして、その年をどういう心持ちで生きていくのかが問われているのです。

おみくじを木に結ぶ行為は、木や環境へのダメージとなる

また、神社で引いたおみくじを大切に持ち帰ることは、上記に書いたように神域にある木にみだりに触れないということにも繋がります。多くの人が木に触れておみくじを結ぶという行為は、木にとってはかなりのダメージとなるのです。

ご神木とされている木、境内の木に多くの人が必要以上に触れますと、樹皮が薄くなり、脆くなります。また、その幹の周囲の土が人の重さで踏み固められ、硬くなり、水や養分を吸収出来なくなってしまいます。

根が地上に露出している木であれば、当然根を踏みつけることで痛めてしまいます。特に女性の履くハイヒールなどでの根へのダメージは深刻です。

おみくじを持ち帰らない場合は必ず神社が設置した納所へ結ぶ

神社仏閣や神域、パワースポットに行くというのは、そこに神仏がいると信じているからでしょう。しかし、そこにいるのは神仏だけではなく、自分自身もいるのです。

元来、神社仏閣は本当の自分に出会う場所

神社仏閣での行いは、いずれ自分に相応に返って来ます。

神社で不遜な態度を取れば、いずれ自分自身が誰かに不遜な態度を取られたり、傷付くことがあるかもしれません。それは写し鏡なのです

おみくじは神様からあなたに宛てられた手紙。これをSNSなどで公開する行為も、あなた宛の私信の手紙を、神様に断りなく披露することに等しいですね。おみくじに書かれた内容は、あなたと神様との間で、大切に秘めておいて下さい(ご家族と共有しても問題ありません)。

 

縁起物

参拝後に、社務所でお守りや、お札の授与をお受けになる方は多いと思いますが、是非干支の縁起物も授与して頂いて下さい。

実はこの干支の縁起物は、非常に強い魔除けの効果があります。縁起物を家族の集まるリビングや、玄関などに飾っただけで、部屋の雰囲気が明るくなり、穏やかになるのが感じられるはずです。

縁起物は干支の置物以外にも様々な種類があります。

11月の酉の日に行われる浅草・鷲(おおとり)神社の酉の市(本来は「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれる神祭)では、神様の御分霊として「熊手」が授与されます。

福岡の十日恵比須神社、大阪の今宮戎神社では1月10日を本戎として前後数日間に渡って大祭が行われ、参拝者に福笹が授与されます。笹は孟宗竹(もうそうちく)の枝で、その生命力と神秘性から神霊が宿っていると信じられて来ました。

このように神社で授与される縁起物は、神様が宿った尊いものなのです。是非、参拝の折には縁起物を授与していただきましょう。

【ワンポイント】授与品の飾り方

神社で授与された熊手や福笹、破魔矢などは目線より高い位置、清浄な場所に飾りましょう。扉の上など人が出入りをする不安定な場所、キッチンのように水分や油分が飛散するような場所は避けた方が良いでしょう。干支の置物などは家族の集まるリビングや、玄関などに置いて構いません。

また、授与された福笹などを境内の外に無造作に捨てていらっしゃる方も多く見掛けます。不必要であれば、最初から授与を受けないように!福笹を無闇に捨てる行為は、神様を穢す行為と同じです。十分に注意しましょう!

いかがでしたでしょうか。

3回にわけて、神様とより強いご縁を結ぶ方法をお話しして来ました。全てを厳密に実行しようとして緊張してしまい、神社での参拝を心から楽しめないということになると本末転倒です。

ご自分のペースで、出来るところから少しずつ、こうした作法や心づもりで参拝を行っていただけると幸いです。しっかり向き合った分、神仏はそれにお応えくださいます。

3回にわけてご説明したすべてを、自然に実行に移せた時、きっと人生は素晴らしい展開を迎えるかもしれません。是非お試しください。

さて、次回は「神社への参拝で神様とのご縁を結ぶ方法」の番外編として、ご自宅で行う神社参拝の方法をご案内したいと思います。

久保多渓心 のプロフィール

久保多渓心

画家の父、歌人の母のもと、福岡市博多区で生まれる。

バンド活動を経て、DJ、オーガナイザーとしてアート系イベント、音楽イベントなどを多数手掛ける傍ら、フリーライターとしても活動。

音楽雑誌でのアーティスト・インタビュー記事、書籍、フリーペーパー、WEBなどの媒体で政治、社会問題から、サブカルチャー、オカルトまで幅広いジャンルでコラムを執筆。

引きこもり、不登校、心の病など自身の経験を活かし「ピアカウンセリング」を主軸にしたコミュニティを立ち上げる。後にひきこもり支援相談士として当事者やその家族のサポート、相談活動にあたる。

現在は亡き父から継承した一子相伝の墨を用いた特殊な占術『篁霊祥命』や、独自のリーディングによって鑑定活動を行っている。2021年で鑑定活動は16年目を迎える。

月参り、寺社への参拝による開運術の指導なども行う。

『AGLA(アグラ)』スーパーバイザーを務める。

2020年10月より活動名をマーク・ケイより、久保多渓心に改名。

↓こちらからマーク・ケイ先生の鑑定を受けられます!↓
うらなってMe

おすすめ関連記事

2019 03/28

明晰夢で人生を変える①(前編)~睡眠と夢~

2021 02/05

再生・輪廻の象徴、水神の使い「カニ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第三十四回)』

2020 09/28

アイヌ民族の狩猟信仰と、山の神の化身「クマ」『神々の意思を伝える動物たち 〜神使・眷属の世界(第十六回)』