自分を知り、自分を活かして”幸せ体質”になろう『私らしく生きるための東洋の智慧(連載第一回)』

2020.3.25

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineline

城戸亜輝子 ( Kwan-Yin クワンイン オーナーセラピスト )

リラクゼーションサロンでリフレクソロジー、整体、ロミロミなどのべ7,000人以上のボディケアを担当。またオーラソーマの探求をスタートし「Kwan-Yin クワンイン」をオープン。現在は新たに四柱推命や陰陽五行を取り入れたメニューを提供中。

はじめまして。城戸亜輝子です。

心と身体のセラピストとして、福岡にてヒーリングサロン【Kwan-Yin クワンイン】を運営しています。

サロンでは、リンパドレナージュを主としたボディワーク、潜在意識と身体の声を聴くアロマテラピー、魂の本質と繋がるオーラソーマ®、そしてここでお伝えしていく四柱推命を中心に、みなさんがイキイキと輝く人生を送れるようサポートさせていただいております。

サロン名である「Kwan Yin」とは、観音菩薩のこと。

心と身体をケアすることで、本来の自分自身に還る場所でありたい。そして、慈悲深い観音様のように、お越し下さるみなさんを静かにあたたかく見守る存在でありたいと願って名付けました。

これから始まるコラムも、みなさんが本来の自分らしさを取り戻し、心も身体も元気に毎日を生きるきっかけになれば幸いです。

心と身体を癒す、セラピーとの出会い

セラピストを志したきっかけは、会社員時代にさかのぼります。

大学時代までを地元・福岡で過ごし、就職を機に上京。一般企業の営業職として働いていたのですが、担当業務は多忙を極め、毎日のように終電で帰る日々を過ごしていました。

尊敬する上司や、気の置けない同期に囲まれて、仕事にやりがいを感じながらも、まだ20代も半ばの私は「誰にでもできる仕事ではなく、もっと自分にしかできない仕事、情熱を注げる仕事がしたい!」というやり場のない思いを、常に心のどこかに抱えていたのです。

そんな想いが募り始めた頃、趣味が仕事に繋がるかもしれないというチャンスを得ましたが、人間関係がこじれてしまい、その話は立ち消えに。直後には大学時代からの恋人との別れが訪れ、とても苦しい時期を経験しました。

しかし、この苦い経験こそが、セラピストとしての扉を開くカギとなります。落ち込んで鬱々としていた私を救ってくれたのは、アロマテラピーやイギリス発祥のカラーセラピーであるオーラソーマ®をはじめとするセラピーやヒーリングの世界。

更には、当時お世話になっていたエステサロンのセラピストの方にこの時期をとても支えていただき、私もこんな風になれたら…という憧れの想いが芽生えたのでした。

これらの出来事をきっかけに、AEAJ認定のアロマテラピースクールで学び、アロマテラピーのインストラクターとしての資格を取得。

初めはセルフケアのためだけの学びでしたが、身体のみならず心・精神にも働きかけるその深いアロマテラピーの世界に魅了され、私は本格的にアロマセラピストの道へ進むことを決意します。

企業を退職後は、生まれ育った福岡に戻り、市内のリラクゼーションサロンにてセラピストとして約5年間勤務。リフレクソロジーや整体、ロミロミなどを通して、のべ7,000人以上のお客様のボディケアを担当しました。

数年後、今後進むべき道を悩み始めたタイミングでオーラソーマ®と再会し、そこから自己探求の道がスタートします。

リラクゼーションサロンの店長として理想とするサロン像を胸に描きながらも、毎日のノルマやスタッフの育成に悪戦苦闘した毎日。

しかし、オーラソーマ®を通して自分の抱えていた痛みに触れ、それを癒していくことで本来の自分らしさを思い出す感覚があり、当時の私はとても救われました。

そんな自分の体験を通じて、またスタッフの育成に携わる中で、個々がのびのびと資質を発揮できるようになるためには、セラピーやカウンセリングが必要だということに気づき、身体だけでなく心のケアを取り入れた場所を作りたい!と一念発起。

独立を決め、リンパドレナージュとアロマテラピー、オーラソーマ®のサロンとして、2013年5月に【Kwan-Yin クワンイン】をオープンしました。

占いを超えた東洋の叡智【四柱推命】

サロンをオープンして数年。オーラソーマ®やアロマテラピーを通じて、心と身体をケアして自分らしく生きることの大切さをお伝えしてきた私に、新たなる出会いが訪れます。

東洋の叡智である、四柱推命との出会いです。

四柱推命とは、東洋思想である陰陽五行説を基礎とした中国古来の占術。発祥には諸説ありますが、1100年代に南宋(なんそう)の徐子平(じょしへい)によって初めてまとめられた書物が、現在残っている最古の文献です。紀元前400年頃には命学という学問として、すでに存在していたという説も。

そんな四柱推命では、私たちに馴染みの深い太陽暦ではなく、干支(かんし)暦を使用します。干支暦とは、陰陽五行論や東洋医学の祖であり、伝承上初めて中国を統一したといわれる黄帝の即位した日(紀元前2698年)をはじまりとする古代中国の暦。

中国最古の医学書と言われる『黄帝内経』も、この黄帝があらゆる学者・識者たちから学んだ内容が編纂されたものなのです。

漢方や鍼灸といった中国古来の医学と同じく、四柱推命もまた、東洋思想である陰陽五行説を基礎としています。

四柱推命と聞くと「占い」というイメージを持たれる方がほとんどだと思いますが、四柱推命は単なる占いではないということが、このことからも感じられるのではないでしょうか。

実際に、四柱推命は運気だけでなく、持って生まれた体質や健康状態をも診ることもできます。このお話はまたいつかの機会に。

私自身も学べば学ぶほどに、四柱推命は古代から受け継がれてきた私たちがよりよく生きるための智慧なのだと、つくづく実感しています。

目覚めて生きるための四柱推命

では、四柱推命で一体どのようなことが分かるのでしょうか?

四柱推命では私たちの生まれた年月日、そして時間の4つの干支を柱とした命式(=命の方程式)から、私たちの人生の初期設定、そして人生のタイムスケジュールを診ていくことができます。

四柱推命は命理学とも呼ばれています。つまりは「命の理(ことわり)」の学問です。

私たちが生まれた瞬間というのは、世界に向かって「私とは何者なのか?」という問いを投げかけた瞬間だそう。

その問いかけの答えを探し続け、自分自身の天命を生き、季節が巡るように刻々と変化する人生の流れに乗って生きること。

それが、私たちが唯一無二の人生を幸せに生きるための“幸せ体質”になる秘訣であり、その秘訣を四柱推命で知ることができるというわけです。

「私たちの多くが眠りながら生きている。四柱推命はその眠りから人々を目覚めさせるためのツールである。」

そんなお話を伺ったことがあります。

それは、人々の魂の目覚めを促すといわれるオーラソーマ®にも通じるものがあり、私が四柱推命に魅了された原点がそこにあります。

現代はひと昔前に比べ、自分で選択できることが増えてきました。自分の人生を自分で創り出すことができる時代だと言えるでしょう。

しかし、この時代を自由に楽しんでいる人たちばかりではなく、SNSやTVから流れてくる溢れるほどの情報や社会の価値観に振り回されて、不安や恐れを感じている人も多いのではないかと思います。

そのように自分自身を見失っている人たちが、「私らしさ」を取り戻し、持って生まれた資質や特性を活かして生きる。四柱推命はそのお手伝いができると考えています。

四柱推命という東洋の叡智との出会いで、ひとりでも多くの方が“幸せ体質”を身に着けていただけたら…と願っています。どうぞお付き合いください。

城戸亜輝子 のプロフィール

城戸亜輝子

会社員時代、セルフケアのために学んだアロマテラピーの奥深い世界に魅了され、本格的にアロマセラピストの道へ進むことを決意。

2008年から約5年間、福岡市内のリラクゼーションサロンにてリフレクソロジーや整体、ロミロミなどを通し、のべ7,000人以上のお客様のボディケアを担当。

その後、自分の今後を悩み始めたタイミングで、イギリス発祥のオーラソーマ®と再会。サロンの店長として日々奮闘する傍ら、オーラソーマの探求をスタートする。

より自分らしい生き方へとシフトさせてくれたオーラソーマの魅力、そして、体だけでなく心をケアすることの大切さをもっと伝えていきたいと、2013年5月【Kwan-Yin クワンイン】をオープン。

5周年を迎えた2018年5月、結婚という転機を迎えて自宅サロンとして再出発。

「心身両面、そして魂からの歓びと幸せをサポートする」という想いは変わらず、新たに四柱推命や陰陽五行を取り入れたメニューを提供中。


ホームページ→ https://www.kwan-yin.jp


おすすめ関連記事